ここから本文です

AK-69を名古屋市長が激励「こんなえりゃあ人おったんか」

音楽ナタリー 7月7日(木)23時8分配信

AK-69が本日7月7日、愛知県名古屋市の河村たかし市長のもとを表敬訪問。ニューシングル収録曲「KINGPIN」のミュージックビデオの名古屋城での撮影許可に対する感謝を述べた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「KINGPIN」はAK-69が7月6日にリリースした両A面シングルの収録曲。名古屋城でのミュージックビデオの撮影許可が降りたのはこの「KINGPIN」が初で、AK-69は地元の名所での撮影が叶ったことについて「名古屋から誇りを持って闘ってきました。かつての自分みたいな若者達に『俺もお前らと同じとこからスタートしてんだぜ』と伝えたかった。昔はいつも名古屋城のお堀沿いに車を停めて、そこで歌詞を書いていたんです。自身のヒストリーとドラマを伝える楽曲をここ名古屋で、そして名古屋城での撮影が実現したことをうれしく思います。ありがとうございます!」と、市長に語った。

AK-69の言葉を受けた河村市長は「名古屋にこんなえりゃあ人おったんか、名古屋をアピールしてもらえるっちゅうことは、どえりゃーうれしいことだわな。名古屋背負って頑張ってちょーよ」と、名古屋弁で励ました。このMVはYouTubeにて公開中。

最終更新:7月7日(木)23時8分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。