ここから本文です

【MLB】G.スタントンが通算200本塁打に到達! ここまで不振も「速球捕らえられた」

ISM 7月7日(木)14時38分配信

 マイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントン外野手が現地6日、敵地で行われたニューヨーク・メッツ戦で2本塁打を放ち、キャリア通算200本塁打に到達した。

 スタントンはこの日5番ライトで先発出場。第1打席は四球を選ぶと、第2打席に特大の18号ソロを左中間スタンド2階席に叩き込み、さらに第3打席には19号ソロを放って大台に乗せた。

 今季はここまで打率.231とスランプに陥っていたスタントンだが、前日に行われた同カードの試合では、最後の2打席で連続してホームランを打っており、この日で4打数連続アーチとした。26歳の大砲は「速球を捕らえることができた」とコメント。「以前は思い通りにそうすることができていたんだが、ここ最近は上手くいっていなかった」と振り返った。

 マーリンズは2対4で敗戦。イチロー外野手は9回1死一塁の場面で代打で登場するも、ショートへの併殺打に倒れ、1打数ノーヒットに終わった。(STATS-AP)

最終更新:7月7日(木)14時38分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。