ここから本文です

リリー・フランキーが怪しい“葬儀屋”に AKBメンバーとホラードラマで共演

オリコン 7月7日(木)6時0分配信

 人気アイドルグループ・AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏と、ハリウッド映画『ソウ』シリーズの監督ダーレン・リン・バウズマン氏が初タッグを組んで制作しているHuluオリジナルドラマ『CROW’S BLOOD』(23日配信開始、全6話)に、リリー・フランキー、染谷将太らの出演が追加発表された。また、配信開始日の23日深夜1時30分より日本テレビ(関東ローカル)でエピソード1が放送されることも決まった。

ダブル主演の渡辺麻友&宮脇咲良

 同ドラマは、AKB48の渡辺麻友と宮脇咲良(HKT48兼任)がダブル主演し、柏木由紀、入山杏奈、木崎ゆりあ、加藤玲奈、向井地美音、横山由依、松井珠理奈らが共演。黒い血を流す奇妙な転校生が学園に現れてから、次々と奇怪な事件が発生し、黒い血の感染が広がっていく。なぜ、彼女の血は黒いのか? 一体、何者なのか? クラスメイトの女子高生が“黒い謎”に迫るホラーサスペンス。

 リリーは、物語の鍵を握る“葬儀屋”を演じる。鼻ピアスにピンクのイヤーマフ、サイケデリックなファッションに身を包み、葬儀屋らしからぬ陽気さで “どこか異様な雰囲気”を漂わせる。染谷は物語の冒頭で登場するや狂気をはらんだ衝撃行動に出る“車椅子の男”を熱演。

 壇蜜はクールビューティーな養護教諭・吉川栄子に扮し、目を疑うような体当たり演技を披露。マイコは出産間近の教師・田村知鶴役で学園内で続発する不可解な事件に大きな不安を抱く役どころ。さらに、麻衣(柏木)の母親役で霧島れいか、薫(渡辺)の母親役で黒沢あすかが出演する。

最終更新:7月7日(木)6時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。