ここから本文です

スピッツ新作にチェコ・タカハシマイがコーラス参加「人生で一番驚いた」

オリコン 7月7日(木)7時50分配信

 ロックバンド・スピッツのニューアルバム『醒めない』(27日発売)に、Czecho No Republicのタカハシマイ(Cho/Syn/Per)がコーラスで参加したことが明らかになった。

タカハシマイが所属するCzecho No Republicの主な作品

 敬愛するスピッツからのオファーでアルバム3曲目に収録される「子グマ!子グマ!」のコーラスを担当したタカハシは「スピッツさんからコーラスのお話をいただいたときは本当に本当に信じられず、人生で一番驚いた出来事でした。今もまだ実感がわいておらず、CDを買って初めて聴くその時がとても楽しみです!」と感激しきり。

 レコーディング現場ではスピッツのメンバーと対面し「ご一緒した時間はほんの一瞬でしたが、多くのことを学び、感じることができて、改めてスピッツさんが大好きになりました。今回、作品に携われたことを誇りに、これからもバンド活動頑張っていきたいと思います」と気持ちを新たにした。

 なお、レコーディングには、小学校の卒業アルバムにスピッツへの思いを綴ったという武井優心(Vo/B)の姿も。「当日、関係ない俺もついて行ったら『武井くんも絶対来ると思ったよ』と(草野)マサムネさんが笑ってくれました。子どもの頃から何回聴いたかわからないくらい聴いてるスピッツのCDたち。そんなCDの制作現場に自分がいることが本当に夢みたいで、永遠にソワソワしていました(まさしく“醒めない”)」と喜んだ。

最終更新:7月7日(木)7時50分

オリコン