ここから本文です

ラサール石井、“両さん”声が下手に? 「似てないと言われる」と苦笑

オリコン 7月7日(木)15時48分配信

 俳優のラサール石井が7日、東京・香取神社で行われた舞台『こちら葛飾区亀有公園前派出所』大成功祈願&七夕短冊飾りイベントに出席した。アニメ版でも両津勘吉の声優を担当しているが、短冊には「両さんの声がうまくなりますように」とお願い。ラサールは「毎週アニメがあるわけではないので、下手になってきちゃった。俺が作った声なのに、似てないと言われる」と明かし、苦笑した。

【写真】麗子役・・・原幹恵の制服姿

 ラサールはこれまで上演された舞台でも主人公・両津勘吉役を担当。今回の舞台は10年ぶりで、アニメ版も8年ぶりに復活が決まった。ブランクの影響なのか、ラサールは「最近下手になって…」といい、「これから両さんの声帯を作っていきたい」と役作りを誓った。

 この日は舞台成功祈願のため、中川圭一役のユージ、秋本・カトリーヌ・麗子役の原幹恵、謎の少女役の乃木坂46・生駒里奈、向島三四郎役の池田鉄洋らが同神社を訪れた。『週刊少年ジャンプ』(集英社)を毎週購読している生駒は、出演に「ジャンプファンなので、鼻血が出るほどうれしい。この機会をかみしめたい」としみじみ。ラサールが「生駒ちゃん、よろしくね!」と両さん声であいさつすると、「ありがとうございます!」と感激していた。

 そのほか、オリジナルキャラクター・イケメン特殊捜査部隊「SOT」として登場する青柳塁斗、味方良介、章平、北園涼、福澤侑も出席。舞台は9月9日~19日までAiiA 2.5 Theater Tokyo、23日~25日は大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。

最終更新:7月8日(金)9時29分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。