ここから本文です

【NBA】ニックス、B.ジェニングスと合意 L.ギャロウェイは退団か?

ISM 7月7日(木)17時32分配信

 ニューヨーク・ニックスが、このオフにオーランド・マジックからフリーエージェント(FA)になったポイントガードのブランドン・ジェニングスとの契約に合意したことが分かった。

 これは米紙『ニューヨーク・タイムズ』(電子版)が現地4日に伝えたもので、同紙によると、契約は1年契約になるという。ジェニングスは同日、ツイッターに「メッカでのプレーが待ちきれない!! 歴史ある球団に加われるなんて興奮する」と投稿し、ニックス加入の喜びをあらわにした。

 26歳のジェニングスは、2009年ドラフト全体10位指名でミルウォーキー・バックスに入団し、4シーズン通算で1試合平均17.0得点をマーク。しかし、2013年にデトロイト・ピストンズに移籍すると、昨年1月にアキレス腱を断裂し、約1年間の離脱。今年1月に戦線復帰を果たすも翌月にマジックへ放出され、昨季は平均6.9得点、3.5アシストの内容だった。

 また、米バスケットボール情報サイト『REAL GM』が6日に伝えたところによると、ニックスからFAとなっているガードのラングストン・ギャロウェイが、ニューオーリンズ・ペリカンズと間もなく契約合意に至る見通しとなったようだ。2年契約で2年目がプレーヤーオプションだという。ギャロウェイは今夏にニックスから制限付きFAになったが、先日チームがクオリファイングオファーを取り消し、完全FAになっていた。

最終更新:7月7日(木)17時32分

ISM