ここから本文です

友近、渡辺直美ら人気女性芸人が公開アフレコで“肉食女子”ぶりをアピール

オリコン 7月7日(木)11時7分配信

 お笑いタレントの友近、渡辺直美、椿鬼奴、山崎静代(南海キャンディーズ)が6日、映画『ゴーストバスターズ』の公開アフレコイベントを都内のスタジオで行った。4人は同作の日本語吹き替え版に声優として出演しており、幽霊には強いが男にめっぽう弱い役どころということで、司会者からは男がらみの質問攻めに。山崎は「異性に対しては積極的で、電話番号もバンバン聞く。もちろん下心あり!」と豪語。渡辺は「飛行機で荷物を取ってくれた隣の席のおじさんにキュンとして、ついて行きそうになった」など、肉食女子ぶりをアピールした。

【写真】映画『ゴーストバスターズ』公開アフレコの様子

 同イベントでは、エリン役を演じた友近とアビー役を演じた渡辺が、公開アフレコに挑戦したものの、重たいプロトンパック(幽霊を吸い込む装置)を背負っていたことがアダとなってか、超グダグダ展開で会場は大爆笑。また、同作にケヴィン役で出演する声優・森川智之から友近へ「ドキドキしました。もう一度その声に酔いしれたいです」とボイスメッセージが贈られると、本気で照れた友近。「声ってやっぱりすごく大事。だからこそ昔、テレクラが流行ったんだろうな(笑)」(友近)と、変な例えで会場をまたもや爆笑させた。

 また、司会者から「4人の中で一番男に弱いのは誰?」との質問が飛ぶと、椿鬼奴は「顔に出て分かりやすいのは、しずちゃん。いい男の前だと、すごいヘラヘラする」と即答。さらに友近からも「でも、すごい積極的でしょ! 自分から食事に誘ったりとかするし」と矢継ぎ早に暴露されると、しずちゃんも「下心丸出しです!」と、潔いくらいにキッパリと言い放ち他のメンバーを驚かせた。

ちなみに山崎と椿鬼奴が、どんな役で出演しているかはシークレットとのこと。ただ山崎の役は「観ても、最後までシークレットのまま気づかずに終わるかも(笑)」というくらい意外性があるという。映画『ゴーストバスターズ』は、8月11日(木)~8月14日(日)に先行公開/8月19日(金)に全国ロードショー公開。友近と渡辺は、L.A.で開催されるワールドプレミアに招待されている。

最終更新:7月7日(木)11時9分

オリコン