ここから本文です

SMAP中居、問題は歌唱力 元AKB松井咲子が通う芸術大から入学拒否?

オリコン 7月7日(木)16時17分配信

 6日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、MCの中居正広が歌の技能を疑われ、芸術大学への入学を断られるような一幕があった。

【動画】ピアニストとしてもデビューした松井咲子、脅威の“背面弾き”を披露!?

 この日は“母校を愛する人たちSP”第4弾。昨年AKB48を卒業し、ピアニストとしても活動する松井咲子が、桐朋学園芸術短期大学に通学中であることを告白。ゲストMCの綾部祐二(ピース)が、キャンパスに潜入取材をすることに。

 同大学では、幅広い年齢層の学生が在籍。それを知った綾部が、学長に「ダンスも演技もできますし。試験を受ければ、スタジオの中居さんも(この大学に)入れるんですよね」と直談判すると、「でも、歌の試験もあるんですよ……」と、学長は真顔で心配。周りの学生は大爆笑し、ワイプの中居も苦笑する展開に。

 一方、一芸一能入試が有名な亜細亜大学出身のモデル・土屋巴瑞季は、「中居さんは紅白歌合戦(NHK総合)の司会をやられているので、うちの大学絶対入れると思います!」と薦めるが、中居は「俺でも入れるの!? アンポンタンだよ、俺!!」と謙遜。綾部は、「紅白の司会を“一芸”というノリで片付けちゃダメです、絶対に!」とツッコミを入れていた。

 そんな中居だったが、女医の友利新(東京女子医科大学)が、いくつかのヒントを元に真の病名にたどり着く“チュートリアル”という授業方式を紹介すると、「それ楽しいね!俺“可能性トーク”好きなのよ!!」と興味津々に。「“もしかしたら可能性があるかもしれないから、この検査をしてみましょう”とか、やるんでしょ? 楽しそう~!」とノリノリの中居は、自身でも「自分は準備野郎」と語ったこともある、シミュレーション万全タイプ。共演タレントから、バラエティーの台本が真っ黒になるほど書き込みをし、あらゆる流れに対応するよう備えていると暴露されたこともある。そんな一面が表れた発言でもあった。

 その地頭の良さと“可能性の検証”好きを証明するかのように、土屋の同窓生のオセロチャンピオン(4回世界一に輝いた)と対決した際には、ハンデなしのガチ勝負を挑み、彼のミスを誘う大健闘。滅多にない事態に本気で悔しがるチャンピオンを前に「何か……申し訳ないね」と、してやったりの余裕の笑みを見せていた。
(文/坂戸希和美)

最終更新:7月7日(木)16時17分

オリコン