ここから本文です

【GOLF】復帰戦の石川は114位タイと大きく出遅れ 単独トップは武藤

ISM 7月7日(木)18時36分配信

 国内男子ツアーの今季メジャー第2戦、日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯が7日、北海道クラシックゴルフクラブを舞台に開幕し、第1ラウンドの競技を終了。武藤俊憲が8アンダー64で単独トップに立つなか、5か月ぶりに舞台に立った石川は5オーバー77と大きく出遅れた。

 インからスタートした石川は、11番から2連続ボギーを喫し、13番でスコアを1つ取り返すものの、15番から再び2連続ボギーを叩いて大崩れ。悪い流れを断ち切れなかった石川は後半、2つスコアを落として、1バーディ、6ボギーでフィニッシュ。114位タイと予選突破さえも厳しい状況となった。

 石川と同じく今大会が復帰戦となる伊澤利光は11オーバー83の143位と大きく出遅れ、3年8か月のブランクは大きかったようだ。単独トップの武藤は9バーディ、1ボギーで8アンダー64にまとめ、後続に3打差をつける好発進となった。

 5アンダー67の単独2位に宋永漢(韓)、1打差の3位タイには前週大会で今季初優勝を果たした谷原秀人、片岡大育、竹谷佳孝、大堀裕次郎が並んでいる。一方、リオデジャネイロ五輪の出場権争う宮里優作は3オーバー75の80位タイ、池田勇太と片山晋呉はともに5オーバー77の114位タイと出遅れている。

最終更新:7月7日(木)19時14分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]