ここから本文です

弱気相場での積立投資に悩んでいるあなたへ【売れ筋投信解説】

投信1 7/7(木) 16:15配信

英EU離脱ショック後のリバウンド相場だった2016年6月27日-7月1日

2016年6月27日-7月1日は、前週の英EU離脱を受けた市場の混乱が収束に向かった週でした。

この週は世界的に株式市場が上昇していますが、金価格がじり高を続け、長期国債の利回りが主要国で軒並み低下しました。英ポンドも下落しました。英国問題を小事として織り込んだというよりも、世界経済に不調色が広がる中で不透明要因が増えたと見てリスクを分散したり減らしたりする動きが広範に見られました。

では、この週はどの投信が人気を集めたでしょうか。マネックス証券のランキングを見ていきます。

マネックス証券の2016年6月27日-7月1日週間売れ筋ランキングを見る

まずマネックス証券の全体ランキングです。

第1位:楽天日本株4.3倍ブル

第2位:SBI 日本株3.7ベア

第3位:ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)

第4位:ワールド・リート・オープン(毎月決算型)

第5位:ニッセイ日経225インデックスファンド

マネックス証券の2016年6月27日-7月1日積立週間売れ筋ランキングを見る

次に、積立の週間売れ筋ランキングを見ましょう。

第1位:ニッセイ外国株式インデックスファンド

第2位:ニッセイ日経225インデックスファンド

第3位:ひふみプラス

第4位:SMTグローバル株式インデックスオープン

第5位:ラサール・グローバルRETIファンド(毎月分配型)

売れ筋トップ2はブル型とベア型、強弱感の交錯を示す

ここのところ、ランキングの顔触れに大きな変動はないと思います。全体ランキングでは日本株のブル型、ベア型、海外REITの毎月分配金を払う投信が上位を占めています。一方、長期投資も多く含まれると思われるNISAでは、海外株と日本株のインデックスファンドが上位に並びます。

とはいえ、この週のように急落後の投資家の動向を見ると、ブル型とベア型の両方で人気が上がったことが注目されます。第1位の楽天日本株4.3倍ブルはその前の週からトップを継続していますが、第2位のSBI 日本株3.7ベアは前週からランクアップしています。これは、投資家の相場観が割れていることを示していると思われます。

1/2ページ

最終更新:7/8(金) 0:55

投信1