ここから本文です

映画『真田十勇士』主題歌は松任谷由実が書き下ろし、予告編も公開

CINRA.NET 7月7日(木)11時8分配信

堤幸彦監督の映画『真田十勇士』の予告編が公開。あわせて主題歌が発表された。

堤が演出を手掛けた同名舞台を自ら映画化する同作。美貌と強運によって名将と祭り上げられた「腰抜け男」の真田幸村を本物の武将に仕立てるため、10人の勇士が集まり、徳川軍との決戦に挑む様を描く。

【予告編を見る】

主題歌となるのは松任谷由実による書き下ろしの新曲“残火”。編曲は松任谷正隆が担当する。松任谷由実が時代劇に楽曲を提供するのは今回が初となる。

堤監督は松任谷由実について「ありがとうございます!!の一言です。1973年から聞かせていただいていて、『いつもそこにある心のオアシス』だったので、光栄というかもったいないというか。まさに盆暮れ正月いっぺんに来たような気持ちです。恐悦至極に存じます」とコメントしている。公開された予告編では、主題歌の一部を聴くことが可能だ。

CINRA.NET

最終更新:7月7日(木)11時8分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。