ここから本文です

世紀の植物

宮崎日日新聞 7/7(木) 11:29配信

 ◎…県庁本館前庭にあるリュウゼツランが、黄色い花を咲かせ始めた=写真。開花まで60年を要するとされる通称「世紀の植物」。高さ約4・5メートルのてっぺん近くに付いた花に来庁者も注目している。

 ◎…県総務課によると、9株のうち2株の茎が5月からぐんぐん伸び、6月中旬につぼみが姿を現した。8月いっぱいは花を楽しめる。「次の開花は何十年後かも。ぜひ見て」と同課の森健志朗主査。

 ◎…成長過程で蓄えた栄養を使い切り、花が散ると株全体も枯れる。開花までに長い年月と地道な蓄積が必要なのは、さながら県政のよう。ただし、県民からは「同じように枯れては困る」と注文も。

宮崎日日新聞

最終更新:7/7(木) 11:29

宮崎日日新聞