ここから本文です

シャープから32型ワイドXGAモデル「LC-32W35」デビュー。 直下型LEDバックライトを搭載し、無線LANも内蔵した多機能モデル

Stereo Sound ONLINE 7/7(木) 20:03配信

32型で直下型LEDバックライト搭載

 シャープから、アクオス「W35」シリーズの32インチモデル「LC-32W35」が発表された。想定市場価格¥68,000前後(税別)で、7月20日に発売される。

 LC-32W35は、ワイドXGA(水平1366×垂直768画素)の液晶パネルを搭載し、さらに暗部階調の再現性に優れる直下型LEDバックライトを採用することで、輝度ムラを抑えた、明るくクリアーな画面を再現している。

 さらに再生している映像やシーンに応じてコントラストや色を自動調整し、もともとの信号に含まれるノイズ成分も低減してくれる高画質アクティブコンディショナー機能を組み合わせることで、ブロックノイズやモスキートノイズのない美しい映像を楽しめるという。

 またLC-32EW35には様々な便利機能も搭載されている。その第一が無線LAN機能の内蔵で、家庭内ネットワークに加えるだけで、インターネットや各種動画配信が楽しめるようになる。

 さらにDLNAのプレーヤー機能も搭載しており、家庭内LANにつないだAQUOSレコーダーなどのサーバー機器に録画したコンテンツも簡単に楽しめるそうだ。もちろんシャープ独自のAQUOSファミリンクIIでの製品操作も可能だ。

「番組サクッと検索」機能で録り逃しなし

 先述したネットワークサービス関連では、AQUOS用として準備された「AQUOS City」や「ネットフリックス」「アクトビラ」「TSUTAYA TV」「Hulu」といったサービスが本体だけで視聴可能となる(各サービスとの契約は必要)。

 ナビゲーション関連では、テレビ番組とネット情報を同じ画面上に表示する「ビジュアルモーションガイド」、キーワードでテレビ番組、録画番組、Webコンテンツ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを横断的に検索できる「スマートサーチ」、AQUOSユーザーが視聴している番組を人気順に表示する「AQUOS視聴ランキング」といったネットを活用した様便利機能も搭載済みだ。

 録画関連機能は地デジ/BS・110度CSチューナーをダブルで内蔵しており、外付けUSB HDDに裏番組録画が可能だ。バッファロー製の長時間録画HDDを使えばBSデジタルで4倍録画、地デジで3倍録画もできるという。

 もうひとつ、「番組カテゴリ」や「人名」などを選ぶだけで番組を絞り込んで検索する「簡単サクッと検索」を使えば文字入力なしで希望の番組を見つけることもできる。その結果を元に録画予約をすれば大切な場組を見逃すこともないだろう。

 接続端子はHDMI入力が3系統、D5端子1系統、AV入力1系統、光デジタル音声出力1系統、ヘッドホン出力1系統というもの。この他にUSB端子(写真、音楽、動画再生対応)、LAN端子も装備している。

Stereo Sound ONLINE編集部

最終更新:7/7(木) 20:03

Stereo Sound ONLINE