ここから本文です

フェデラーがチリッチに2セットダウンからの逆転勝利 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月7日(木)0時43分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス準々決勝で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)から最初の2セットを奪われたが、6-7(4) 4-6 6-3 7-6(9) 6-3で倒してベスト4進出を決めた。試合時間は3時間17分。

ラオニッチがクエリーを下して2年ぶりの準決勝進出 [ウィンブルドン]

 フェデラーはチリッチと7度目の対戦で6勝目。前回の対戦は2014年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)準決勝で、チリッチが6-3 6-4 6-4のスコアでフェデラーから初勝利を挙げていた。

 ウィンブルドンに18年連続で出場するフェデラーは、2003年からの5連覇を含めて史上最多タイの優勝7回を数える。昨年は10度目の決勝進出を果たしたが、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-7(1) 7-6(10) 4-6 3-6で敗れている。

 フェデラーは準決勝で、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する。ラオニッチは準々決勝で、第28シードのサム・クエリー(アメリカ)を6-4 7-5 5-7 6-4で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 06: Roger Federer of Switzerland celebrates victory during the Men's Singles Quarter Finals match against Marin Cilic of Croatia on day nine of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 6, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7月7日(木)0時47分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。