ここから本文です

泡遊びをネクストレベルに押し上げる!?「あわモコ3Dペン」

ギズモード・ジャパン 7月7日(木)19時10分配信

質感がフワッフワでかわいいかも~。

ペン型の3Dプリンターといえば3Doodlerを思い浮かべますよね。子どもから大人まで楽しめて、かなりアーティスティックな作品も作れちゃう。でも、扱いに慣れるまでは難しいし、表現したいものによっては質感がちょっと物足りないなぁと思うことも。たとえば、ウサギとか犬とか羊とかのフワフワ系。

そこで登場したのが、ハンドソープの泡を使って3Dアートが楽しめる「あわモコ3Dペン」。ペンの中にハンドソープをセットすればペンが自動的に泡立ててくれます。使い方は簡単で、ボタンをポチっと押すとペン先からモコモコキメの細かい泡が出てくる仕組み。

通常の3Dプリンターペンと違って、火傷の心配がないのがいいところ。泡を付属のヘラで整えたり、けずったり、足したり、もちろん手で触ってもOK。お子さんと安心して遊べます。また、遊び終わった後の片付けも簡単。だってハンドソープで遊んでるんですから、遊びながら洗ってるみたいなものですしね!

今まで、泡で遊ぶなんてシャボン玉かバブルバスぐらいしかなかったけど、こんな風に3Dアートを楽しめるなんて、あわモコ3Dペンはバブルバスをネクストレベルに押し上げた!なぁんて、米Gizmodoの記者は言ってますけど、どう思います? 楽しそうなのは確かですけど、気に入った力作も時間がたつと消えて行ってしまうのが、ちょっと悲しいかも!?

source: あわモコ3Dペン
Andrew Liszewski - Gizmodo US

最終更新:7月7日(木)19時10分

ギズモード・ジャパン