ここから本文です

ベルディヒが快進撃のプイユを退け4強入り [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月7日(木)2時12分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス準々決勝で、第10シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)が第32シードのルカ・プイユ(フランス)を7-6(4) 6-3 6-2で下してベスト4進出を決めた。試合時間は1時間55分。

フェデラーがチリッチに2セットダウンからの逆転勝利で準決勝へ [ウィンブルドン]

 ベルディヒはこの試合の前の対イリ・ベセリ(チェコ)との4回戦が、月曜日に4セット終了時点で日没のため、翌火曜日に順延となり、準々決勝まで3日連続のプレーだった。

 ウィンブルドンには2004年から13年連続出場となるベルディヒは、2010年にグランドスラムで自己最高の決勝進出を果たしている。昨年は4回戦でジル・シモン(フランス)に3-6 3-6 2-6で敗れていた。プイユとは今回が初対戦だった。

 ベルディヒは2度目のファイナル進出をかけた準決勝で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは第12シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を7-6(10) 6-1 3-6 4-6 6-1で破っての勝ち上がり。

 22歳のプイユはウィンブルドン前まで、グラスコートの試合は4試合を戦って未勝利だったが、今大会で4試合に勝利してグランドスラム自己最高のベスト8進出を果たしていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 06: Tomas Berdych of The Czech Republic (L) celebrates victory during the Men's Singles Quarter Finals match against Lucas Pouille of France (R) on day nine of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 6, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:7月7日(木)10時15分

THE TENNIS DAILY