ここから本文です

フェデラー 大逆転勝利で全英4強、四大大会最多307勝目<男子テニス>

tennis365.net 7月7日(木)0時27分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日、男子シングルス準々決勝が行われ、4年ぶりの優勝を狙う第3シードのR・フェデラー(スイス)が第9シードのM・チリッチ(クロアチア)に6-7 (4-7), 4-6, 6-3, 7-6 (11-9), 6-3の大逆転で勝利して3年連続のベスト4進出を果たすと同時に、四大大会のシングルスでは男女を通じてM・ナブラチロワ(アメリカ)を抜いて最多307勝目をあげた。

ウィンブルドン対戦表

また、今回の勝利でJ・コナーズ(アメリカ)に並ぶウィンブルドン最多11度目のベスト4進出となった。

34歳にして新たな歴史を刻むウィンブルドン最多8度目の優勝を狙うフェデラーは、準決勝で第6シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。ラオニチは準々決勝で第28シードのS・クエリー(アメリカ)を破っての勝ち上がり。

ウィンブルドンでは元男子世界ランク1位のP・サンプラス(アメリカ)と、1880年代に活躍したW・レンショーも7度優勝している。これまで誰も8度の優勝はしておらず、男子テニスの歴史上グランドスラムでそれ以上の優勝を飾っているのは、全仏オープンを9度制したR・ナダル(スペイン)のみ。

今年、フェデラーは怪我に悩まされ、全仏オープンを欠場。前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)では4連覇を狙うも準決勝でA・ズベレフ(ドイツ)に敗れた。

tennis365.net

最終更新:7月7日(木)5時21分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]