ここから本文です

【MLB】イチロー今季わずか2度目の併殺打で試合終了 通算2990本で残り「10」

Full-Count 7月7日(木)7時33分配信

9回1死一塁で代打出場、ビデオ判定は覆らずに2-4で敗れる

 マーリンズのイチロー外野手は6日(日本時間7日)に敵地で行われたメッツ戦に9回1死一塁で代打出場し、遊ゴロ併殺に倒れた。相手二塁手がベースを踏んだか否かの確認でビデオ判定が行われたが、当初の判定は覆らずに試合終了となった。メジャー通算安打は2990本で、3000安打の金字塔まで残り「10」のままとなった。打率は.337。

現役選手はイチロー含め3人ランクイン MLB歴代通算安打数ベスト50

 前日出場機会のなかったイチローは、2-4で迎えた9回1死一塁で代打出場した。1発同点という場面でメッツ守護神ファミリアと対戦。カウント2-2から5球目シンカーにバットを合わせたが、打球は遊撃レイエスの元に転がるゴロ。ボールはレイエスから二塁ベースカバーに入ったウォーカー、一塁ロニーに転送され、遊ゴロ併殺となった。イチローが併殺打を記録したのは、4月20日ナショナルズ戦以来、今季わずか2度目のことだった。

 だが、ここで二塁手ウォーカーがベースをしっかり踏んだか否かに疑問を抱いたマーリンズのマッティングリー監督が審判団に声を掛けた。マーリンズはすでにチャレンジ権を失っていたため、審判団の判断の下にビデオ判定を行うことに。結局、当初の判定が正しいとされ、試合はそのまま終了となった。

 前半戦は残すところ3試合。残すところ「10」本となった3000安打の金字塔到達は、球宴後になる気配が濃厚になってきた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月7日(木)8時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]