ここから本文です

サンコール、自動車用弁ばね用鋼線 墨で本格生産 年度内めど月300トン予定

日刊産業新聞 7/7(木) 11:34配信

 サンコール(本社=京都市、山主千尋社長)は、メキシコ製造子会社で自動車用弁ばね用鋼線の製造を本格化する。5月から月間100―200トン規模で出荷を開始し、年度内をめどに同300トンの本格生産に乗り出す予定。また、同子会社では、第2工場を建設してリングギアの製造も開始しており、伸長する現地での自動車需要に対応して最適生産および供給体制を構築することで、材料から加工までの一貫メーカーとしての強みを生かし、北米での事業強化につなげる。

最終更新:7/7(木) 11:34

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。