ここから本文です

これもデカイ。世界最大のプロペラ機「An-22 アンテーイ」運航再開

sorae.jp 7月7日(木)13時0分配信

以前は世界最大の飛行機「An-225 ムリーヤ」をご紹介しましたが、今回はプロペラ機として世界最大です。アントノフ・エアラインズは世界最大のターボプロップ機「An-22 アンテーイ」の商業運航再開を発表しました。
 
今回運行されるAn-22 アンテーイは、O・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体によって開発された輸送機です。主翼には4基のNK-12MA ターボプロップエンジンを搭載。60トンのペイロードと最大5,000kmの運行距離を誇り、弾道ミサイル発射機や中戦車なども運搬することができます。ジェット機のAn-225 ムリーヤのペイロードの250トンには劣りますが、それでも大したスペックです。
 
そして今回の運搬役に選ばれたのは、機体記号:UR-09307と名付けられた42年前に製造された機体です。UR-09307はウクライナのキエフからドイツのライプツィヒまで貨物の輸送を行いました。
 
そういえば先日は川崎重工が「C-2輸送機」を航空自衛隊に初納入しましたが、このAn-225 ムリーヤはC-2輸送機よりもサイズ、ペイロードともにさらに大きな航空機となっています。大陸の航空産業、恐るべしです。

最終更新:7月7日(木)13時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]