ここから本文です

[移籍]アトレティコ、両サイドをこなせる24歳のクロアチア代表SBを獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 7月7日(木)8時0分配信

7月中にも合流

アトレティコ・マドリードがサッスオーロからクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコを5年契約で獲得したことが明らかになった。クラブ公式サイトが発表している。

今回の移籍に際してクラブのSDを務めるホセ・ルイス・カミネロ氏は「ヴルサリコはセリエAのような競争力のあるリーグですでに実力を証明している選手だ。我々のプランと完璧にマッチしているし、チームの競争やレベルをより高めてくれるだろう」と獲得を喜んでいる。

また、ヴルサリコ本人も「アトレティコでプレイするのは僕にとって大きな挑戦。とても幸せだよ」と話している。クロアチア代表としてEUROに参加していた同選手は休暇明けの7月中にはチームに加わると伝えられている。

サイドバックに激しい上下動の動きと堅実な守備を求めるシメオネのチームでヴルサリコは輝くことができるのか注目したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月7日(木)8時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。