ここから本文です

TBSラジオの人気パーソナリティ・荻上チキ氏、“一夫二妻”報道を謝罪……不倫相手とは関係解消した

トレンドニュース(GYAO) 7/7(木) 16:05配信

評論家の荻上チキ氏が、“一夫二妻”の不倫生活を送っているとの報道について謝罪した。荻上氏はラジオ番組「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)のメインパーソナリティとしてギャラクシー賞のDJパーソナリティ賞を受賞したこともあり、“TBSラジオの夜の顔”と親しまれていた。

『週刊文春』7月7日発売号では、“一夫二妻生活”として、荻上氏が20代女性と不倫関係になり、妻に離婚を求めたと報じている。6日放送の「荻上チキ・Session-22」冒頭で、荻上氏は「2015年夏、妻に『他の女性を好きになってしまった』と告げました。そして離婚したいという意思を告げました。その後は別居して離婚協議をして、妻の家に通い家事や子供の世話をしつつ、寝泊りや仕事は別の家で続けていました。それから別居している家でその女性と暮らし始めました」と経緯を説明。離婚協議のなかで2人の子供と会えなくなることや、長年連れ添った妻と別れることへの葛藤を覚えて、結局は不倫関係を解消し、現在は妻と「今後の在り方」について話し合っていると明かした。

荻上氏は、報道について「事実と異なる部分もある」としつつ、「今回の一件をひとえに私自身の浅はかさが引き起こしたことには変わらない」と反省の意を示して謝罪した。また「しっかりと仕事をしていくことで今一度、信頼していただけるような状況を作っていきたい」と語った。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:7/7(木) 16:05

トレンドニュース(GYAO)