ここから本文です

理想のプールデートの相手に有村架純、福士蒼汰、広瀬すず、菅田将暉ら。「真夏の恋を思い出す一曲」1位にはあの名曲が輝く

E-TALENTBANK 7/7(木) 17:20配信

20代の未婚男女に対し、「真夏の恋とプールデートに関する調査2016」をインターネットリサーチで実施し、1000名の有効サンプルの集計結果が公開された。(株式会社東京サマーランド調べ)

この調査によると、男性はプールデートをする際に「ウォータースライダーを一緒に滑りたい」と答えた人が一番多く、そのウォータースライダーを楽しみたい芸能人ランキングの1位には有村架純、2位は綾瀬はるか、3位は新垣結衣。そして第5位には昨年公開の主演映画で数々の映画賞を総なめにした広瀬すずが選ばれた。

また、女性は「流れるプールでのんびりお話」を理想のプールデートに一番多く挙げられ、それを一緒に楽しみたいランキングでは、1位に福士蒼汰、2位は相葉雅紀、3位は同数で斎藤工、佐藤健が選ばれ、今年のエランドール賞(顕著な活躍をしたプロデューサーや将来有望な新人俳優に贈られる賞)の新人賞を受賞した菅田将暉も5位にランクインした。

そして、同調査では「真夏の恋を思い出す一曲」のランキング1位は「夏祭り (Whiteberry)」。2000年にリリースされ、紅白歌合戦でも披露されたこの曲は、20代にとって、真夏の恋の象徴とも言える曲になっているようだ。以下、2位、3位には「TSUNAMI (サザンオールスターズ)」、「真夏の果実 (サザンオールスターズ)」と、サザンオールスターズの曲が続いた。

最終更新:7/7(木) 17:20

E-TALENTBANK