ここから本文です

マレー フェデラーに続き激闘、全英2年連続4強<男子テニス>

tennis365.net 7月7日(木)4時43分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日、男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのA・マレー(英国)が第12シードのJW・ツォンガ(フランス)を7-6 (12-10), 6-1, 3-6, 4-6, 6-1のフルセットで下し、2年連続7度目のベスト4進出を果たした。

ウィンブルドン対戦表

マレーとツォンガの準々決勝は、センターコートの第1試合で第3シードのR・フェデラー(スイス)と第9シードのM・チリッチ(クロアチア)の3時間17分に及ぶフルセットの激闘後に行われた。

マレーは2セットアップとするも、果敢に攻め続けてくるツォンガに大苦戦。しかし、最後は地元の大声援に後押しされ、ベスト4へ駒を進めた。

準決勝では第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と対戦する。

2013年のウィンブルドンでは1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりの地元優勝を飾っており、今回は3年ぶり2度目のタイトル獲得を狙う。昨年は準決勝でフェデラーに敗れた。

一方、敗れたツォンガは2012年以来2度目のベスト4進出とはならなかった。過去のウィンブルドンでは2011・2012年に4強入りしている。

今大会は3回戦で第18シードのJ・イズナー(アメリカ)を6-7 (3-7), 3-6, 7-6 (7-5), 6-2, 19-17の大逆転で下し、4回戦では第7シードのR・ガスケ(フランス)の途中棄権により準々決勝へ駒を進めていた。

tennis365.net

最終更新:7月7日(木)5時36分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。