ここから本文です

なぜ人類は食べ物をレインボーにしてしまうのか?

ギズモード・ジャパン 7月7日(木)23時10分配信

特にアメリカ人。

レインボー・ベーグル、レインボー・グリルドチーズサンド、レインボー・ピザ、レインボー・ラテにレインボー・パンケーキなどなど、あらゆる食べ物が虹色に…。

なんでこんな事になっているのか? 米Gizmodoがオックスフォード大学で実験心理学を研究しているチャールズ・スペンス教授にメールで質問したところ、こんな答えが返ってきました。

Spence教授は虹色の食べ物についての研究は特にしていませんが、推測してくれました。2014年のAppetiteのレビューによると、彩が豊かだと食欲が増進し、より多くの色があればあるほど食べ飽きるのを防いでくれるそうです。また、頻繁に目にさらされている食べ物に対して人は魅力を感じずらくなる傾向があるそうなんです。もしかしたら、人々が食べ物を虹色にしてしまう理由がこの2つの心理に影響されているのでは? コーヒーもベーグルもピザもアメリカ人にとっては毎日、もしくは週1ぐらいで食べてるものです。当たり前すぎて輝きを失ってしまったので、カラフルな虹色にしてしまってるのかもしれないとのこと。また、食べ物を目で楽しむという不可欠な部分が、こういう形で表現されたのかもしれないとも語ってくれました。

一般的に色は私たちの脳に味を想像させる役割があります。国や文化や個人的主観によって色が連想させる味が違うことも。例えば緑の場合、アメリカなら酸味、インドなら甘味を示唆するそうです。一方で、ほとんどの領域で黒は苦さと結びつけられたりしますよね。でも、共通して言えるのは「私たちは、見たものの味を感じてる」ということ。そして、個々の色はそれぞれ風味を連想させます。でも、レインボーだと、いろんな色のコンビネーション、味の想像がつきずらいですよね。その未知な雰囲気が出るのも魅力なのかもしれません。

食欲がわく色合いじゃないと思うけど、青いケーキを食べる国ですから、グロいといいつつ美味しそうって思ったりしてるのかな? まぁ、少なくともどんな味なのか一口食べてみようかなと好奇心はわくのかも!?

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文]
(junjun)

最終更新:7月7日(木)23時10分

ギズモード・ジャパン