ここから本文です

中国鉄鋼業、人員削減を本格化 今後3―5年で50万人

日刊産業新聞 7月7日(木)11時37分配信

 中国鉄鋼業が取り組む人員削減が徐々に具体化している。国営新華社系経済参考報によると、武漢鋼鉄は8万人の従業員のうち2万人弱を16年3月末までの半年間に削減。杭州鋼鉄は製鉄所廃止に伴う従業員の再配置を2月に終えた。今後3―5年間に50万人と言われる鉄鋼業の人員削減は7月以降の下期から本格化すると人民日報が報じており、中国政府による鉄鋼改革は遅々としながらも進むようだ。

最終更新:7月7日(木)11時37分

日刊産業新聞