ここから本文です

【MLB】李大浩、今季12号も1点追う9回2死満塁で三振 チーム3連敗

Full-Count 7月7日(木)14時38分配信

4回にシーガーと連弾放つも、満塁の逆転機にに快音響かず

 元ソフトバンクのマリナーズ李大浩内野手が6日(日本時間7日)、敵地でのアストロズ戦に「6番・一塁」で先発した。4回には今季12号ソロアーチを放ったが、1点差まで追い上げた9回2死満塁という逆転の絶好機に空振り三振。チームは3連敗で地区2位アストロズに差を広げられた。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 5点ビハインドで迎えた4回。マリナーズは先頭カノが20号ソロを右翼に運び、攻撃の口火を切った。クルーズが四球で出塁した直後、今度は5番シーガーが17号特大2ランをライト2階席へ叩き込み、2点差まで詰め寄った。続く李もカノが作った流れに乗った。カウント1-2から4球目、アストロズ先発ファイアーズの4球目外角高め速球に反応。ボールに逆らわずにバットを強く叩きつけると、打球は今季12号ソロとして右翼へ入った。

 これで1点差まで追い上げてマリナーズは、追加点されながらも、7回に同点に追いつくことに成功。8回に再び2点を勝ち越されるが、9回表にまた流れを引き要せた。1死一、二塁からカノの二塁打で1点差とすると、2死一、二塁からシーガーが敬遠されて満塁に。1打同点あるいは逆転という絶好機に打席に立った李は、カウント1-2から4球目スライダーを空振りして三振。今季はこれまで得点圏に走者を置いた打席で、5本塁打、28打点と大当たりだったが、この日は勝負強さを見せられなかった。

 3連敗のチームは、地区首位レンジャーズに9.5ゲーム差と大きく差を広げられてしまった。7日(同8日)からは敵地でロイヤルズ4連戦。前半戦終了までの4戦で、1つでもゲーム差を縮めておきたい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月7日(木)14時50分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]