ここから本文です

NSSC、省合金型二相ステンレス 日本一大観覧車に採用

日刊産業新聞 7/7(木) 11:47配信

 NSSCは6日、独自開発した省合金型二相ステンレス「NSSC2120」の厚板約20トンが、大阪府吹田市の万博記念公園に1日オープンした大型複合施設の観覧車に採用されたと発表した。高さ123メートルと日本一を誇る大観覧車の駆動装置向けに、板厚50ミリ以上の鋼材が使用されている。この観覧車の元請けは阪和興業で製造が徳機、宇部興機など。NSSCではこれまで培った品質・納期対応力をベースに二相ステンレスの用途拡大を目指し、需要家ニーズに対応したソリューションを提供する方針。

最終更新:7/7(木) 11:47

日刊産業新聞