ここから本文です

セリーナ 完勝で全英2連覇王手、9度目の決勝進出<女子テニス>

tennis365.net 7月7日(木)21時59分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7日、女子シングルス準決勝が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が世界ランク50位のE・ヴェスニナ(ロシア)に6-2, 6-0の完勝で9度目の決勝進出を果たすと同時に、2連覇と7度目の優勝に王手をかけた。

ラケット破壊セリーナ「今年は少ない」

この試合、過去4連勝と相性が良いヴェスニナにセリーナは序盤で4ゲーム連取に成功して主導権を握り、第1セットを先取。

第2セットには入ってもセリーナの勢いは止まらず、1ゲームも与えずに決勝進出を決めた。

決勝では第4シードのA・ケルバー(ドイツ)と第8シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)の勝者と対戦する。

昨年は決勝でG・ムグルサ(スペイン)をストレートで破り、6度目の優勝。今年のグランドスラムは全豪オープンと全仏オープンで決勝へ進出するも、準優勝に終わった。

一方、敗れたヴェスニナはグランドスラムのダブルスで2013年の全仏オープンと2014年の全米オープンに優勝を飾っている。

tennis365.net

最終更新:7月7日(木)22時10分

tennis365.net