ここから本文です

山本昌氏が忘れられない瞬間 引退試合で“レジェンド”の心を動かしたもの

Full-Count 7月7日(木)16時44分配信

昨季限りで引退した左腕が改めて敵軍ファンにも感謝、「たくさんの温かい声援をいただいた」

 元プロ野球選手の山本昌氏が7日、都内で行われた「日本フェアプレイ大賞 2015-2016」の表彰式にゲストとして参加。昨年10月7日の自身の引退試合について振り返り、改めてファンに感謝した。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 この日、行われた「フェアプレイの日記念イベント」では、山本幸輝さん(応募時小学6年生、現在中学1年生)の作品「なににでも敬意を持つ」が「日本フェアプレイ大賞 2015-2016」の大賞として表彰された。相撲の立会いで待ったをかけた際、琴勇輝がお詫びの礼をした瞬間をテレビで見て感動し、山本さん自身も私生活からしっかり礼をすることを心がけているという内容で、山本昌氏は「山本くんの作品を見せていただ時に非常に感動しました」と話した。

 さらに、選考委員の有森裕子氏、大山加奈氏とともにトークショーを行った山本氏は、自身が経験したフェアプレイについて聞かれると、すぐに昨季の自身の引退試合を挙げた。

 中日にとってのシーズン最終戦は、敵地マツダスタジアムでの広島戦だった。広島はまだクライマックスシリーズ進出を目指している状況だったが、山本氏は「広島カープは勝てばCS進出という大事なゲームだったわけですけど、私の引退登板を許可してくださいました。マウンドに上った時、ドラゴンズファン、そしてカープファン、たくさんの方の温かい声援をいただきました」と振り返る。

「ファンの方々もフェアにやることで、スポーツの質がどんどん上がる」

「そんな大事な試合でカープファンは迷惑だろうなと思いましたけど、あのときの歓声、球場全体の歓声は非常に感激しました。ああいうふうに選手を大事な試合で見送ってくれるカープファンの方、そして長い間応援してくださったドラゴンズファンの方、本当にフェアだなということを非常に感じました」

 32年間、現役でプレーした“レジェンド左腕”にとっても、感動的な瞬間だったという。「昔はけっこうファンの方もいろんなことがあったりしたんですけど、最近のプロ野球ファンは非常に秩序があって、しっかり礼儀正しく応援してくださるので、やっている選手としてはファンに恩返ししたい。本当に気持ちの良い応援をしていただけてる」と、選手の気持ちを代弁した。

 さらに、山本氏はサッカー日本代表のサポーターが世界から賞賛された出来事を例に挙げ、上質なファンがいるからこそ、スポーツの質も上がっていくと訴えた。

「サッカーのサポーターが海外に行って、帰りにしっかり掃除して帰ってくるというエピソードを聞きました。こういうこときくと本当にやっている選手が励まされますので、是非、やっている選手もそうなんですけど、ファンの方々もフェアにやることで、スポーツの質がどんどん上がるんじゃないかと思ってます」

 山本氏の心を動かした中日ファン、そして広島ファンの想い。“レジェンド”にとって、引退試合の思い出は忘れられないものとなっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月7日(木)16時50分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]