ここから本文です

リオ五輪参加国に吉報か アルゼンチンはディバラやイカルディら“怪物組”の招集はナシ! 18名のメンバー発表

theWORLD(ザ・ワールド) 7月7日(木)12時30分配信

国際大会で輝くことはできるか

失意のコパ・アメリカを終えたアルゼンチン国民が次に期待を寄せるのはリオ五輪だ。アルゼンチンサッカー協会(以下、AFA)は6日、今年8月に開催されるリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックに参加するアルゼンチン代表メンバー18名を発表。オーバーエイジに頼らない若手主体のメンバー構成となった。

近年、主要な国際大会での栄光から遠ざかっているアルゼンチンだが、来たる五輪では開催国ブラジルに大ダメージを与えるチャンスにもなり得る。かねてより噂されていたユヴェントスのパウロ・ディバラやインテルのストライカー、マウロ・イカルディ、そしてアトレティコ・マドリードのダイナモ、マティアス・クラネビッテルといった“怪物組”の招集は無く、アルゼンチンとグループDで同組のポルトガルやナイジェリア、ホンジュラス、そして当然ながら優勝を目指す全ての参加国にとっては朗報といえるかもしれない。さらにはプレミアリーグのエヴァートンで存在感を放つDFフネス・モリなどのオーバーエイジ組も招集外となっている。

リオ五輪への挑戦権を得たアルゼンチンの18名は次の通り。

GK
ジェロニモ・ルジ(レアル・ソシエダ/スペイン)
アクセル・ウェルネル(アトレティコ・ラファエラ)

DF
ホセ・ルイス・ゴメス(ラヌース)
リサンドロ・マラガン(ボカ・ジュニアーズ)
ビクトル・クエスタ(インデペンディエンテ)
ラウタロ・ヒアネッティ(ベレス・サウスフィエルド)
アレクシス・ソト(バンフィエルド)
レンドロ・ベガ(リーベル・プレート)

MF
マウリシオ・マルティネス(ウニオン)
サンティアゴ・アスカシバル(エストゥディアンテス)
ジオバニ・ロセルソ(ロサリオ・セントラル)
マヌエル・ランシーニ(ウェストハム/イングランド)
ルーカス・ロメロ(クルゼイロ/ブラジル)

FW
アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ホアキン・コレア(サンプドリア/イタリア)
ルシアーノ・ビエット(アトレティコ・マドリード/スペイン)
クリスティアン・エスピノーサ(ウラカン)
ジョバンニ・シメオネ(リーベル・プレート)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月7日(木)12時30分

theWORLD(ザ・ワールド)