ここから本文です

SB内川が先制13号3ラン 「実はプロ初ホームランが14年前の七夕だった」

Full-Count 7/7(木) 18:51配信

オリ金子から左中間へ一発、前日には先制適時打で連敗脱出に貢献

 ソフトバンクの内川聖一内野手が7日のオリックス戦(京セラドーム)で先制3ランを放った。

 初回1死一、二塁。フルカウントから、金子千尋の甘く入ったチェンジアップをジャストミートした。左中間への先制13号3ランとなった。

 6日の同カードでも初回1死一、二塁で先制の中前適時打。チームの連敗を4で止めていた。

「打ったのはチャンジアップかな。実はプロ初ホームランが14年前の七夕だったので、今日打ちたいなと思っていました。良かったです」と話した主将のバットがチームを牽引している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/7(木) 18:59

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています