ここから本文です

“持ってる男”ロナウドを讃える紳士のベイル「彼は生粋のゴールハンターだ、また決めたしね……」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月7日(木)13時40分配信

レアル・ダービーはロナウドに軍配

昨日の味方は、今日の敵。ガレス・ベイルとクリスティアーノ・ロナウドは所属するレアル・マドリードで世界最高峰の攻撃ユニットを形成する同僚だが、ユーロ2016においては凌ぎを削り合ったライバルだ。前者の英国人は、決勝進出を果たしたポルトガルのエースに対し紳士的なコメントを残している。

6日、ユーロ準決勝で実現したウェールズとポルトガルの一戦は互いに拮抗したエキサイティングな展開となったが、ロナウドの1ゴール1アシストという奮闘もあり、ポルトガルが2-0で快勝。ここまで母国ウェールズを牽引し、素晴らしい活躍を見せてきたベイルが、“No.7”を称賛した。英『sky SPORTS』が同選手のコメントを伝えている。

「ロナウドは生粋のゴールハンターで、またしてもゴールを決めたね。でも、この敗戦は彼らの問題ではなく、僕らの問題だ。きっと復活してみせる。まずはユーロ2016で僕たちが達成したことを誇りに思うべきだ。応援してくれたすべてのサポーターに感謝するよ。彼らは素晴らしいエールを送ってくれたからね」

開幕戦に続き、2戦目でも直接FKを叩き込むロケットスタートを切っていたベイル。一方でスロースタートぶりを批判されていたロナウドは、ほんの数本のシュートで幾度もポルトガルを救った。対照的な歩を進めてきた2人だが、もちろん新シーズンは再び最強のタッグで欧州を席巻することになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月7日(木)13時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。