ここから本文です

目で味わう!老舗食品サンプル会社のユニークな社内コンペ

AFPBB News 7/7(木) 18:33配信

【7月7日 AFPBB News】飲食店のショーケースを彩る、本物そっくりの「食品サンプル」。本来は外食産業向けのものだったが、近年は一般消費者向け商品も登場し、日本土産として海外でも注目を集めている。この人気を支えているのが、料理さながらに一つひとつ食品サンプルを手作りする職人たちだ。

【関連写真(全27枚)】思わず口に運びたくなる力作ぞろい

 老舗メーカー岩崎(Iwasaki)は1968年から、職人の技術の向上と継承を目的に、社内コンクールを実施。今年は4日から6日にかけて、神奈川県横浜市の工場で審査会が行われた。会場となった社員食堂のテーブル上には、ピザの帽子や串焼きのそろばんなど、アイデアと技術を凝らした作品70点が所狭しと並べられた。同社広報の黒川友太(Yuta Kurokawa)さんによると、日ごろは緻密(ちみつ)さや正確さが求められる職人にとって、コンクールはそれぞれの創造性を発揮できる場になっているという。

 その自由な発想は、消費者向け商品の開発にも生かされている。6月に横浜赤レンガに開店した専門店では、精巧な食品サンプルをあしらった、しおりやキーホルダー、小物入れなどの遊び心あふれる商品が観光客の目を楽しませている。(c)AFPBB News

最終更新:7/7(木) 18:33

AFPBB News