ここから本文です

SB松田、17号ソロに続き気迫の守備 三塁ファウルゾーンで好捕

Full-Count 7月7日(木)20時7分配信

駿太の打球をフェンスに身をあずけてキャッチ

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が7日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で気迫の守備を見せた。

 4点リードの6回2死満塁。駿太の打球は三塁ファウルゾーンへ高々と舞い上がった。松田は打球を見ながらフェンスまで走ると、最後はフェンスに身をあずけて左手を伸ばしてキャッチした。

 3回先頭では金子千尋からバックスクリーンへ17号ソロを放っていた松田。好守でピンチをしのぎ、ベンチ前で岩嵜、内川らとハイタッチした。大きなチャンスを逃したオリックス・福良監督は唇をかみしめていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月7日(木)20時25分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報