ここから本文です

ウィルソン&ハモン擁する仙台に「持ち味はスピードと細かいドリブル」の23歳ブラジル人MFが加入

theWORLD(ザ・ワールド) 7月7日(木)16時20分配信

18節を終えて12位の仙台に新助っ人

ベガルタ仙台は6日、ブラジルのアトレチコ・ミネイロからMFパブロ・ジオゴが期限付き移籍で加入することを発表した。

ブラジル出身で現在23歳のパブロ・ジオゴは2010年に母国のグアラニでプロのキャリアをスタート。その後、モンチ・アズール、オエステといった国内クラブでもプレイしており、2015年にアトレチコ・ミネイロ加入した。また、昨シーズンの後半は期限付き移籍でアメリカ・ミネイロに所属しており、仙台での契約も2017年1月1日までとなる。

半年間、仙台でプレイすることが決まったパブロ・ジオゴはクラブ公式サイトを通じて「ベガルタ仙台に加入することができて嬉しいです。僕の持ち味はスピードと細かいドリブルです。チームの目標を達成するために全力を尽くして、サポーターのみなさんに喜びを届けたいと思います」とコメントした。

仙台は1stステージを10位で終え、2日に開催された2ndステージ開幕戦は川崎フロンターレに0-3で敗戦。次節は9日、吹田スタジアムでガンバ大阪と対戦する。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月7日(木)16時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報