ここから本文です

ロナウドに夢を打ち砕かれたウェールズ、指揮官「EUROは終わったが、我々の旅路の終わりではない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/7(木) 16:30配信

予想だにしないほどの躍進

6日、EURO2016準決勝でウェールズとポルトガルが対戦した。ガレス・ベイルとクリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリード対決に注目が集まった試合は、ロナウドが1ゴール1アシストの活躍を見せ、ポルトガルがウェールズを撃破。自国開催であった2004年以来、12年ぶりにポルトガルは決勝へコマを進めた。

そんな中、伊『calciomercato』など複数メディアが、ウェールズ代表の指揮官クリス・コールマンの試合後のコメントを次のように伝えている。

「私はチームと選手たちをとても誇りに思っている。彼らは今大会で信じられないような活躍を見せてくれた。だから、今日の試合には敗れてしまったけど、サポーターも彼らのことを誇りに思ってほしい。選手たちは最善を尽くしたし、彼らにとっては素晴らしい経験ができたんじゃないかな。我々にとって初めてのEUROは、準決勝で敗れることとなった。でも、これが我々の旅路の終わりではないからね」

本大会初出場ながら、今大会で台風の目となったウェールズ。まだ出場できるかはわからないが、2年後のロシアW杯でも彼らの活躍を見たいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/7(木) 16:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合