ここから本文です

七夕前日に7勝7分7敗で10位浮上! 山形が34分間の4得点で熊本に完勝

theWORLD(ザ・ワールド) 7/7(木) 17:10配信

熊本は2試合連続大量失点

開催が延期されていたJ2リーグ第10節モンテディオ山形vsロアッソ熊本が7月6日に開催された。

1試合未消化ながら11位につける山形が、4試合未消化も山形から1ポイント差の12位熊本を迎えての一戦。試合は21分にDF栗山直樹のゴールで山形が先制に成功すると、その8分後にも今度はFW鈴木雄斗がネットを揺らして山形がリードを広げる。勢いが止まらない山形は30分にもFWディエゴ・ローザが追加点を決めると、34分にはMFディエゴがシーズン6点目をゲット。山形が前半だけで4点のリードを奪う。

後半は熊本が63分にアンデルソンのゴールで1点を返すも、試合は4-1のままタイムアップ。この結果、攻撃陣が爆発した山形は七夕の前日に今季通算戦績を7勝7分7敗とし、10位まで浮上している。また、Jリーグの舞台の戻ってきてから3勝2分5敗の熊本は1-5で敗れたセレッソ大阪戦に続き、2試合連続大量失点での敗戦を喫した。

その熊本は次節、山形戦から中3日で清水エスパルスと対戦する。C大阪、山形、清水と昇格を争う強豪クラブとの対戦が続くが、5試合ぶりの勝利を敵地で掴むことができるだろうか。また、山形も中3日で町田ゼルビアと対戦。J2降格1年目で10位に沈んでいる山形が、7位につける“J2昇格組”町田に挑む。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/7(木) 17:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革