ここから本文です

かつての“クライング・ベイビー”から嬉し泣き男へ! ユーロ優勝を信じるロナウド「皆が笑って嬉し涙を流したい」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月7日(木)17時10分配信

優勝を信じると宣言

クリスティアーノ・ロナウドはすでに自身が歓喜の中心でユーロのトロフィーを掲げる青写真を描いている。確実に頂点へと近づきつつあるNo.7が、すぐそこにまで迫った偉大なタイトル獲得に向けて自信を示した。

ロナウド擁するポルトガルは6日、ユーロ2016準決勝のウェールズ戦に2-0で快勝。ここまで素晴らしい快進撃を続けてきたガレス・ベイルの命運もここで尽きてしまった。同ゲームで値千金のヘディングゴールを含む1ゴール1アシストを記録したロナウドが、偉業への意気込みを語っている。スペイン『MARCA』がこれを伝えた。

「これこそ開幕前から僕らが夢見ていたことだ。決勝戦を終えた後、僕ら皆が笑って、最終的に嬉し涙を流したいね。もちろん僕らはまだトーナメントを戦っているし、長い道のりになるだろうことは分かっていた。スタート時点からこのような展開になると信じていたんだ。僕らは偉業に近づいているし、僕は優勝を信じてる」

若かりし頃のロナウドがユーロ2004決勝のギリシャ戦後に人目をはばからず涙を流していたシーンは記憶に新しい。惜しくも準優勝に終わった当時から、ロナウドはひと回りもふた回りも成長している。次に流す涙は、どんな感情によるものだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月7日(木)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]