ここから本文です

モウリーニョ、バイリー獲得理由はまるでS・ラモス!? 「CBはSB経験が重要で、彼にはあった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月7日(木)20時30分配信

すべてを兼ね備えたCB

今夏の移籍市場でも積極的に動いているマンチェスター・ユナイテッドは、すでに3選手の獲得を発表している。そんな中、新指揮官のジョゼ・モウリーニョが1人目の補強となったコートジボワール代表DFエリック・バイリーの獲得理由を明かした。

クラブの公式チャンネル『MUTV』のインタビューでモウリーニョは次のように語っている。

「以前のチームにいた選手と比較することはできるが、他のクラブでプレイしているわけだから、それはしたくない。でも、彼には必要な能力がすべて備わっていると確信している。フィジカルが強いし、スピードもある。速さを兼ね備えた大きい選手を見つけるのは簡単じゃないからね。そして、彼はファーストタッチの技術を大切にするスペイン文化からやってきた。だから、高い技術も持っている。彼は右サイドバックの経験があるけど、これは大事なこと。右サイドバックでは、より攻撃的な視野が求められるので、センターバックにはサイドバック経験あるかが重要なんだ」

はたしてバイリーは、モウリーニョのもとで結果を残すことができるのだろうか。かつて、センターバックとサイドバックをこなせるセルヒオ・ラモスを見てきたモウリーニョだけに、彼に求めるものは多いかも知れない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月7日(木)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。