ここから本文です

アイドル・イニエスタの領域に近づけるか バルサ復帰の22歳MF「常にイニエスタを見てきた」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月7日(木)20時50分配信

憧れのアイドルと練習できる立場に

セビージャとビジャレアルで確かな実績を残してきたMFデニス・スアレスは、今夏バルセロナに復帰することが決まった。スアレスはウイングやインサイドハーフでプレイすることが可能で、MSNのバックアッパーとアンドレス・イニエスタやイヴァン・ラキティッチの負担を軽減する選手として大きな期待がかかっている。

スペイン『as』によると、スアレスもバルサ復帰を喜んでおり、世界最高のクラブに戻ってきたと興奮気味だ。また、自身が目指してきた選手の1人がイニエスタだったと語り、ポジションの似ているアイドルへの尊敬の念を口にしている。

「僕は常にイニエスタを見てきた。彼のプレイは本当に素晴らしい。彼は僕のアイドルの1人なんだ。そして今彼と練習することができる。みんな彼の代わりになりたいと思っている。僕とイニエスタは似たポジションでプレイしているし、いつか僕もそうなりたいね。簡単ではないけどね」

「僕はセビージャとビジャレアルで大きく成長した。セビージャでは戦術面、フィジカルで進歩できたし、ビジャレアルではフットボールを楽しんだ。そして今はバルサだ。世界最高のクラブに来たんだ」

スアレスがスタメンを確保するのはもう少し先の話になりそうだが、セビージャとビジャレアルで能力は実証済みだ。チャンスは必ず訪れるだろう。32歳のイニエスタに対してスアレスは22歳とちょうど10歳離れているが、イニエスタを脅かすほどの勢いを見せてほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月7日(木)21時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。