ここから本文です

マンチーニのイングランド代表入りに備えか インテルが後任指揮官をリストアップ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月7日(木)21時20分配信

マンチーニ退任に備え

現在インテルを率いるロベルト・マンチーニがイングランド代表監督候補に浮上している。イングランドサッカー協会(FA)は外国人指揮官でもプレミアリーグのスタイルや環境を知る者であれば招聘を検討する構えで、マンチェスター・シティを率いてリーグ優勝まで達成しているマンチーニはそれに当てはまる。まだコンタクトは取っていないようだが、FAはマンチーニの手腕を高く評価しているという。

さらに伊『TUTTOmercato』によると、マンチーニは市場での動きに関してクラブに不満を抱えているという。これが退任に繋がるかは不明だが、同メディアはインテルがマンチーニの後任候補としてアヤックスで指揮を執っていたフランク・デ・ブールを狙っているとも報じている。

ロイ・ホジソンもそうだったようにイングランド人指揮官に任せるべきなのか、それとも優秀な外国人指揮官に任せるのか。イングランド国内では自国の指揮官に任せるやり方に否定的な意見も出ており、マンチーニの招聘も可能性としては面白いかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月7日(木)21時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。