ここから本文です

自由研究にも最適、夏の京都水族館

Lmaga.jp 7/7(木) 7:00配信

開業4周年を迎える「京都水族館」(京都市下京区)が、7月9日から夏の限定イベントをスタート。夏休みの宿題や自由研究にぴったりな、いきものたちを間近に感じられる体験プログラムが開催される。

水遊びが大好きなイルカたちと一緒にずぶぬれ

全長約1mの個体をはじめとする4頭のアルダブラゾウガメが存在感たっぷりに常駐する「ゾウガメパーク」では、期間中毎日「館長のゾウガメ教室」(1日5回・小学生対象)が開催され、下村実館長からほかのカメとの違いや飼育の極意を学ぶことができたり、エサやりや甲羅磨きといった貴重な体験もできる。

また、「イルカスタジアム」で行われる『イルカとスプラッシュ!!』では、屋根に設置した幅約15mの巨大ウォーターカーテンから流れ落ちる水とイルカがコラボレーション。仰向けのポーズを見せるイルカと同じポーズで寝転ぶと、上から水が降ってくるだけでなく、イルカがいたずらで水しぶきをかけてきたりと、ずぶぬれに。こちらも水遊びをイルカと一緒にしながら、その姿や仕草を観察できる「近さ」が魅力だ。

ほかにも、普段入ることができない飼育スタッフ専用ヤードで、カクレクマノミやナンヨウハギ、人気のチンアナゴにごはんをあげることができる「館長のおさかな教室」(1日2回・小学生対象)や、オットセイやペンギンが展示エリアを飛び出して散歩する「ぶらりオットセイ」「ハロー!ペンギン」など、いきものを間近で観察できるプログラムが盛りだくさん。館長に直接質問もでき、大人でも新しい発見があるので、親子で夏休みの自由研究に取り組んでみて。期間は9月30日まで。

最終更新:7/7(木) 7:00

Lmaga.jp

なぜ今? 首相主導の働き方改革