ここから本文です

海老蔵の弟子、再起かけた初自主公演

Lmaga.jp 7月7日(木)6時0分配信

いわくつきで市川海老蔵一門に入門した市川九團次(いちかわくだんじ)が今年9月、初の自主公演『第一回 九團次の会』を東京と大阪で開催。大阪は9月10日、「森ノ宮ピロティホール」(大阪市中央区)で上演する。

北野天満宮で奉納舞披露する海老蔵

九團次は、1998年に坂東竹三郎の芸養子となり大阪を中心に活動。坂東薪車(ばんどうしんしゃ)の名前で人気を博していた。しかし、2014年に無断で芸名・秋元道行を名乗り、現代劇に出演したことで師匠の怒りを買い、芸養子を解消。一時名前を失ったものの、それまでに大阪市が文化功労者に贈る「咲くやこの花賞」を受賞するなど、実力・人気ともに実績あることから海老蔵が救いの手を差しのべ、同年9月にはこの世界で異例となる別門下の弟子となった話題の役者だ。

2015年1月に四代目九團次を襲名してから初となる自主公演は、劇作家・井上ひさしの戯作的名作短編小説集『不忠臣蔵』より、若き浪士に焦点を当てた新作『義士残花抄』と、スリとの黄金造りの太刀を巡る狂言舞踊『太刀盗人』。公演に先立ち海老蔵からは、ひと言「とにかく頑張れ」と声をかけられたという九團次。「海老蔵さんは多くは語りませんが、そのひと言ですべてが伝わります。プレッシャーはありますが、その言葉を糧に精進していきたいです」と意気込みを語る。大阪公演はチケット5,000円~、各プレイガイドで発売中。

最終更新:7月7日(木)6時0分

Lmaga.jp