ここから本文です

ホンダF1、他チームからの供給依頼なしと認める。「状況を変える必要がある」

オートスポーツweb 7月7日(木)7時22分配信

 ホンダF1プロジェクト総責任者、長谷川祐介氏は、パワーユニット向上のためにはマクラーレン以外にも供給先を増やすことは有効であると考えているが、今のところ他チームから関心は寄せられていないと語った。

2016年第9戦オーストリアGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 昨年レッドブルがパワーユニットパートナー喪失の危機に陥っていた際、ホンダにも打診したと伝えられているが、結局契約にはいたらなかった。マクラーレンはホンダと独占契約を結んでいると主張しているが、2017年には規則変更により、パワーユニットマニュファクチャラーには供給義務が課せられ、パワーユニットを必要とするチームがいる場合はFIAがマニュファクチャラー側に供給を命じることができる。
 
 長谷川氏は、供給チームが多い方がパワーユニットの開発ペースを上げやすいとの考えを示した上で、現時点では他チームから打診は受けていないと述べた。

「技術面を考えると2チーム目に供給するのはいいことだと思います。エンジンを動かす機会が増えるわけですから」と長谷川総責任者。

「もちろんコストが増えますし、エンジニアの用意もしなければなりません。でも全体的に考えると、機会があれば2チーム目を持つのはいいことだと私は考えています」

「ですが今の時点で私たちが十分な強さを持っていないというのも事実です」

「ホンダエンジンを載せたいというチームは今はいません。待つしかありません。状況を変える必要があります」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月7日(木)20時35分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。