ここから本文です

ホンダ「次回アップグレードで0.5秒のゲイン狙う」

オートスポーツweb 7月7日(木)8時1分配信

 ホンダF1プロジェクト総責任者、長谷川祐介氏は、パワーユニットの次のアップデートによって0.5秒ラップタイムを向上させることを目標にしていると述べた。

2016年オーストリアGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 マクラーレンのパートナーであるホンダは、カナダGPで今シーズン開幕以降初めて、トークンを使ったアップグレードを行った。ターボチャージャーの改善に2トークンを使用したホンダは、今季中あと12トークンを使うことができる。

 今後のアップグレードではICE(エンジン)の改善を図りたいと以前から長谷川総責任者は述べている。

 オーストリアGPの週末、長谷川総責任者は次のアップデートは「2、3戦後」になる見込みであると語った。これによってラップタイムの大幅向上を目指しているという。
 
「0.5秒(のゲイン)を目指しています。それを達成できるかどうかは分かりませんが、やらなければなりません。改善する必要があります」

 来年の方向性についても話し合いを進めており、8月には何らかの結論を出す見込みだという。

「たくさんの可能性について調査を進めています。思い切った変更をするのか、コンセプトを継続するのか。どういう方向に向かうのか、まだ決めていません。今、調査しているところです」

「8月には決定しなければならないでしょう。マクラーレンもパッケージを決める必要があります」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月7日(木)20時34分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]