ここから本文です

ピレリが2017タイヤ開発テストのスケジュールを発表、データは全チームで共有

オートスポーツweb 7月7日(木)14時38分配信

 ピレリが今シーズン中に実施予定の、2017年タイヤ向け開発テストプログラムの詳細を公表した。

メルセデスはシルバーストンに2014年のW05を持ち込み、タイヤテストを実施

 テストは24日間で10セッションが計画されており、最初の9セッションではフェラーリ、レッドブル、メルセデスが作業を分担する。その後、11月終盤にはアブダビで合同テストが行われる。

 初回のテストは8月1~2日に、フェラーリのフィオラノ・サーキットで開催。散水した路面で、変更を加えた2015年のマシンにインターミディエイトとフルウエットタイヤを装着しての走行となる。この後、9月6~7日にもフェラーリが、バルセロナでスリックタイヤを2日間テストする。8月3~4日の走行は、レッドブルがムジェロでスリックタイヤを担当。9月のテストはポールリカールでメルセデスが行うことになっており、6~8日をスリック、21~22日はウエットを走らせる。

 全3チームが参加する合同テストは10月から11月中に、各チームそれぞれ7日間のテストを実施。競技の公平性を保つため、3チームはテストで得られたデータのすべてを他チームと共有することが義務づけられる。

 来シーズンのマシンは新規定によりダウンフォースが大幅に向上し、タイヤサイズも大きくなる。テストに使用する2015年のマシンは、FIAがシミュレーションによって定めた仕様に沿うように改造されたものとなる。2017年の規定では、フロントタイヤは現在の245mmから幅が60mm拡大し、305mmに。リアタイヤは325mmから80mm拡大した405mmになる。

 来シーズン仕様の素材と構造で構成された現行サイズのプロトタイプタイヤは、2012~2014年のマシンを使用して、すでに5月からテストが始まっている。このプログラムは、まずフェラーリがフィオラノで開始し、6月にはレッドブルがポールリカールを走行。来週2日間にわたって行われるシルバーストンでのインシーズンテストでも、メルセデスが2014年のマシンを走らせる予定だ。

 プロトタイプでのテストは7月16日に再度フェラーリが担当し、インターミディエイトとフルウエットを装着する予定。さらに7月18~19日にかけては、レッドブルがバレルンガでスリックタイヤのテストを行う予定だ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月7日(木)14時38分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]