ここから本文です

F3ワールドカップ構想は、F1と併催の可能性も。伝統のマカオGPはどうなる?

オートスポーツweb 7月7日(木)18時27分配信

 FIAとヨーロピアンF3選手権は、来シーズンのF3ワールドカップの開催について検討している。ワールドカップは年間3戦の開催が予定されており、同時にFIAは高騰した予算を制限するべく、来シーズン以降のレース数の縮小を考えている。現在、F3のトップチームでシートを獲得するために必要な持参金は約70万ユーロ(日本円で約7800万円)とも言われている。 

 F3世界戦と位置づけられるワールドカップは、独立したイベントとして開催するのか、レース数の増加に苦しむであろう資金力の乏しいチームに配慮してヨーロピアン選手権の1戦としてカレンダーに組み込むのか、現時点では決定していない。F3ワールドカップの開催地はバーレーンやアブダビ、メキシコの各サーキットで、F1グランプリのサポートレースとして行われるという噂もある。だが、開催地の具体的な特定は時期尚早であるようだ。

 仮に、今季は10月に行われるメキシコGPのサポートレースとして開催する場合、11月に開催されるF3マカオGPへ向けたマシンなど機材の輸送に関して深刻な影響を及ぼす。通常マカオGPへ向けた機材の輸送は、ヨーロッパでのシーズン終了後すぐにルクセンブルグ発で行われるためだ。

 カーリンのチーム代表であるトレバー・カーリンは「(ワールドカップの開催は)良いことだとは思うが、どのような形式で開催されるかは現時点ではまったくわからない」と語った。

「ヨーロピアンF3選手権の年間予算が抑えられるのは良いことだ。チームの予算によるパフォーマンス格差を解消する効果が見込まれるからね」

 ワールドカップは予算に余裕のないチームに配慮し、選手権外の独立したイベントであるべきかと尋ねたところ「バーレーンやアブダビなどで追加のレースを開催しても、予算に余裕のないチームにとっては直接的な助けにはならないだろう。ワールドカップの構想にはマカオGPを含めることが理にかなっているだろう」と、カーリンは意見を述べた。

 一方で、ヨーロピアンF3選手権では、予算の問題で今シーズンの開催が叶わなかったシルバーストンでのレースを、2017年のカレンダーに復帰させることが確実視されている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月7日(木)18時31分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。