ここから本文です

VAMPS 「今日は演奏に集中して聴き惚れて」超プレミアACOUSTIC DAYから全国ツアー開幕!

Billboard Japan 7月7日(木)17時55分配信

 VAMPSが、7月6日 名古屋・ZEPP NAGOYA公演を行い、ライヴハウスツアー【VAMPS LIVE 2016】の幕を開けた。

その他 ライブ写真一覧

 この日のライブは「ACOUSTIC DAY」と名付けられ、VAMPSのツアーでは初めての試みとなるアコースティック・ライブを開催。今年1月19日 東京・品川ステラボールで公開収録された【MTV Unplugged:VAMPS】のライブが非常に好評で、多くの要望に応える形で、今回のツアーで本格的にアコースティック・ライブへ取り組むことになった。

 今回のライブでは、演奏者達はみなシックな衣裳に身を包み、マンハッタンの摩天楼を彷彿とさせるビル群を背景に、HYDE、K.A.Z、そして総勢10名のミュージシャンがアコースティック・セッションを繰り広げていく。いつものライブと違う雰囲気の中、着席している観客に向かいHYDEが「今日は是非演奏に集中して聴き惚れてください。」「興奮して立ち上がらないでくださいね」と語りかけた。

 この日披露されたのは全16曲。Zepp Nagoyaに当日集まった総勢900名のBLOODSUCKERS(VAMPSファンの愛称)は、【MTV Unplugged】の時とは異なるアレンジ、VAMPSの新鮮なセットなど非常に貴重なライブを堪能した。なお「ACOUSTIC DAY」のチケットは、名古屋、大阪、札幌の全会場ですでにSOLD OUTしている。



◎【VAMPS LIVE 2016】
会場:ZEPP NAGOYA
2016年7月
6日(水)ACOUSTIC DAY ※終了
7日(木)ACOUSTIC DAY
9日(土)STUDENTS ONLY DAY
10日(日)BEAUTY & THE BEAST
12日(火)
13日(水)

会場:NAMBA HATCH
2016年7月
16日(土)ACOUSTIC DAY
17日(日)ACOUSTIC DAY
20日(水)STUDENTS ONLY DAY
21日(木)BEAUTY & THE BEAST
23日(土)
24日(日)

会場:ZEPP SAPPORO
2016年9月
3日(土)
5日(月)ACOUSTIC DAY

会場:ZEPP TOKYO
2016年9月
10日(土)サポート・アクト In This Moment
11日(日)サポート・アクト In This Moment
13日(火)サポート・アクト In This Moment / Apocalyptica
14日(水)サポート・アクト In This Moment / Apocalyptica
16日(金)サポート・アクト In This Moment / Apocalyptica
17日(土)サポート・アクト In This Moment / Apocalyptica

・チケット(税別/ドリンク代別)
前売り:6,660円
STUDENTS ONLY DAY 前売り:4,200円
ACOUSTIC DAY 前売り:S席 15,000円 / A席 12,000円

◎【VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY】
8月13日(土)、14日(日)大阪・舞洲 太陽の広場 野外特設ステージ
OPEN 16:00 / START 17:30
チケット:スタンディングブロック指定 9,200円(税込)
・一般発売日:7月23日(土)AM10:00
※6歳未満無料(チケットをお持ちの保護者1名につき同伴で1名まで、6歳以上要チケット)
<BEAST PARTY 休憩エリア>
OPEN 10:00 / CLOSE 22:30 (予定)
FOODエリア / GOODS販売 / LOGOS テントエリア / クローク / ミニステージ 等
<BEAST PARTY 駐車場>
・特設駐車場
休憩エリアに隣接する有料特設駐車場。会場へのアクセスもよく、車を休憩エリアの拠点にしていただくことも可能です。(車中泊はできません。)
<BEAST PARTY 宿泊プラン・交通>
・ラグジュアリー宿泊プラン
会場からほど近いシティリゾートホテル「ハイアット リージェンシー 大阪」を利用するラグジュアリーな宿泊プランをご提供します。
・アクセスバスプラン
東京、大宮、横浜、名古屋から会場へ直行する往復アクセスバスを運行します。特典グッズ付きで移動も便利!
・コスモスクエア駅特設乗降場~会場 シャトルバス

最終更新:7月7日(木)17時55分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。