ここから本文です

デッドマウス、ニューアルバムの“ほぼ完成”が明らかに

Billboard Japan 7月7日(木)17時55分配信

 カナダ出身DJ/プロデューサーのデッドマウスが、どうやらニューアルバムの制作をほぼ完成させているようだ。あるファンとのツイッターでのやりとりの中で明らかになった。

 自身も熱心なツイッター・ユーザーであるデッドマウスだが、新しいライブ・セットにおける作業について何度もツイートしていることに気付いたあるファンが推測し、「それはつまり、ニューアルバムが完成したということ?」との質問を投げかけると、デッドマウスが「ああ、ほぼね」と返したのだ。

 新しい作品を心待ちにしているデッドマウスのファンにとっては思わぬ朗報だろう。現在のところタイトル不明の同LPは、2014年の2枚組アルバム『while(1<2)』に続く作品となる。デッドマウスは今年4月、「Bad At Titles」と「Snowcone」というタイトルの新曲2曲をリリースしている。

最終更新:7月7日(木)17時55分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。